ロレックススーパーコピーN級海外店
ロレックスコピー「2018新品&人気」、偽物ロレックススーパーコピーN級品海外店
ログイン
ID 名
パスワード
register
ロレックス時計

banner a

現在の場所:ホーム > 最新情報 > 2台の名車からヒントを得たラルフ ローレンのスケルトンウォッチ

ログイン新規登録カート
2台の名車からヒントを得たラルフ ローレンのスケルトンウォッチ

 ラルフ ローレン創業者であるラルフ・ローレン氏と言えば、自動車のエンスージアストとしても世界的に高名な人物である。そんな彼のヒストリックカーコレクションからインスピレーションを得て製作される「オートモーティブ」 シリーズより新作が発表された。

 
「RLオートモーティブ 45MM スケルトン ステンレス スティール モデル」は同氏の所有する2台のヒストリックカーからヒントを得てデザインされている。1台は同シリーズでおなじみの1938年型ブガッティ「タイプ57SC アトランティック クーペ」だ。同車の内装に使用されるウッドパネルやステアリングホイールを模した、「オートモーティブ」シリーズのアイコンとも言うべきインド紫檀製ベゼルが同モデルにも配される。そしてもう1台が58年型ジャガー「XKSS」(XKD533をトランスフォームした個体)である。同車のボディパネルを鋲で固定する姿を「スケルトン スティール」では、地板の一部をブラッシュ仕上げに、ネジをポリッシュ仕上げとすることで表現しようと試みた。車を動く芸術と評するラルフ・ローレン氏のデザイン観が反映された1本だ。

前ページ:LOCMAN 銀座本店オープンを祝う、“1960”の限定モデル

次ページ:クストスがインテリアデザイナーとのコラボレーションモデルを発売